社会福祉法人の善光会創設者

個人投資家が順調に利益を伸ばすためには、正しい情報が必要となります。正しい情報を仕入れ、さらにあらゆる角度から高度な分析を行うことによって、投資家は利益を狙うことが可能になるのです。東京都港区南青山に本社を構える株式会社フィスコは、個人投資家のためのあらゆるサービスを提供している企業です。これまで大勢の個人投資家にサービスを提供してきたといいます。精度の高いマーケットリサーチのみならず、個人投資家向けのツールや情報も扱っていますし、実践的な金融、証券に関する知識が学べる講座まで開設しています。質の高いサービスを提供するのはもちろんですが、全投資家のニーズにマッチしたサービスを迅速に提供したいとの考えを持っているようです。

白井一成氏は、株式会社フィスコを子会社として従えるシークエッジの代表です。シークエッジ・グループは社会活動で得た利益は社会に還元しないといけない、という理念を掲げる企業で、さまざまな事業が展開されています。そのような理念を掲げて企業活動を続けるシークエッジだからこそ、善光会という社会福祉法人も立ち上げているのでしょう。白井一成氏はもちろん、先代である彼の父も介護福祉事業には強い関心を抱いていたとのことで、それが実現された形になります。介護分野での社会貢献をしたいと考えていたという先代の気持ちを引継ぎ、今では善光会がそれを実現することに成功したのです。日本最大級の複合福祉施設、サンタフェガーデンヒルズも開設されました。