株式会社シークエッジとグループ会社


実業家などビジネス界の話題に興味がない方では、白井一成という名前を耳にしたことがある方は少ないのではないでしょうか。恐らくこの名前を聞いてもピンとこない、知らないという方が大半かもしれません。白井一成氏は株式会社シークエッジの代表です。シークエッジ・グループに属する会社のひとつに株式会社フィスコがありますが、どちらかと言えばこの会社のほうが有名かもしれません。株式会社フィスコは個人投資家向けの多彩なサービスを提供していますし、高度で専門性の高いサービスが人気となっているようです。ノウハウを活かしたマーケットリサーチにも定評があるということですし、個人投資家なら誰もが一度は耳にしたことのある会社ではないでしょうか。

この株式会社フィスコの親会社が、白井氏率いるシークエッジです。シークエッジもさまざまなビジネスを展開していますが、実は同社は寄付によって善光会という社会福祉法人を立ち上げています。介護事業によって社会に貢献したいという強い気持ちを白井氏は持っているとのことで、それを実現するために社会福祉法人善光会を設立したのでしょう。介護福祉の世界に新たな風を吹き込みたい、これまでのような施設本位のサービスではなく、利用者本位のサービスを提供したいと考え、試行錯誤しているというのも大きな特徴と言えるでしょう。介護の世界自体の改革者になりたいとの考えもあるようで、そのための取り組みも進めているのも注目したいポイントです。そう遠くない将来、善光会が介護事業の世界に大きな変革をもたらす日がやってくるのかもしれません。